書評・要約

【書評・要約】「チャンスがやってくる15の習慣」成功者になるためには必読!!

Pocket

今回は、レス・ギブリンさんの「チャンスがやってくる15の習慣」を紹介したいと思います。

特に以下に当てはまる人は、ぜひ読んでみてください。

こんな方におすすめ

  • 人とのコミュニケーションがうまくいかない人
  • 今の人生にモヤモヤしている人
  • もっと自分に魅力を出したい人

 

「チャンスがやってくる15の習慣」の概要

著者 レス・ギブリン  (翻訳者:渋井真帆)
出版社 ダイヤモンド社
出版年月日 2007/3/2
ページ数 128ページ

本書に書かれている15の習慣は、とっても簡単で、読んですぐ実践できる内容になっています。

日ごろから意識して行動することで、習慣を変えることができます。

翻訳者の渋井真帆さんは、本書を翻訳する前にこの本と出会い、人生が変わったとおっしゃています。

とにかく1つだけも実践してみてほしいと、、そうすると人生が少しでもよくなるとおしゃってます。

1時間で読める薄さなので、隙間時間で読めるのもポイントです。

本自体は薄いですが、内容はきちんと詰まっているので安心してください。

 

これだけは習慣にさせたい3つのこと

これだけは習慣にさせたい3つのこと

ポイント

  • 人間は自分にしか興味がないと知っておく
  • とにかく同意する
  • 相手の求めているものを見つける

本書に載っている15の習慣から3つほどご紹介します。

1、人間は自分にしか興味がない、と知っておく

人間とは、もともと自分のことしか考えない生き物です。関心があるのは自分自身であって、そもそも他人に興味はありません。これが人間の本性です。

よい人間関係を築くために、この事実は知っておかないといけません。

この事実があってこそ、後の14個の習慣が成り立っています。

自己中心的と思うかもしれませんが、人間生まれてきてからこの事実は変わっていません。

このことを意識しているだけで、よい人間関係を築くにあたって、パワーとスキルを身につけることだできます。

2、とにかく、同意する

よりより人間関係を築くにあたって、このスキルは必須になってくると思います。

  • 自分に同意してくれる人に好感を抱く。
  • 自分に反対する人は嫌いになる。
  • 自分が反対されるのは嫌だ。

大抵の人はこう思うのではないでしょうか。

そのため、人とうまく接するためには同意することが大切になってきます。

心が広くなければ、同意することが難しい場面があると思います。

つまり、反対するほうが簡単なのです。

しかし、ここで反対してしまっては、人は離れてしまう可能性があります。

まずは、同意することを意識して相手の意見を聞くことが大切です。

3、相手の求めているものを見つける

相手が何を求めているのかみつけられるようになると、こちらの出方をその人に合わせて変えられるようになります。

相手が何を求めているかがわかれば、相手が聞きたいと思う内容を話せます。それによって、相手をその気にさせるというわけです。

人を動かくすためにはこのスキルが必須になります。

相手をいかにその気にさせるか、ここがポイントになってきそうです。

相手を知るためにはどうしたらいいのでしょうか。

本書には以下を実践することで知ることができると書いてあります。

相手が何を求めているかは、相手に質問したり、相手をよく観察したり、相手の話を注意して聞くことによって、知ることができます。

もちろん、簡単にはわからない場合もあるでしょう。

知るための努力を惜しまないことです。

自分にしか興味がない中で、どれくらい第1に相手のことを考えられるかが大事になってきます。

そして、中々相手のことを知れない場合でも、知るために努力することが大切なんだといいます。

まとめ

今回は3つの習慣をピックアップで紹介しましたが、他の習慣も非常に簡単ですぐ実践できるものとなっています。

しかし、知っているだけではなく、ちゃんと意識して実行しなければなにも変わりません。

習慣づけするには日ごろから本書の内容を思い出し、頭の中に入れておく必要があると思います。

そして、徐々に無意識にできるようになれば、本書のタイトル通り「チャンスがやってくる」のではないでしょうか。

-書評・要約

© 2021 Yaya Blog Powered by AFFINGER5