書評・要約

【書評・要約】知識を操る超読書術(DaiGo)【本の内容を覚えるコツ】

Pocket

今回はメンタリストDaiGoさんの「知識を操る超読書術」をご紹介したいと思います。

数年前はテレビで大活躍していたDaiGoさんですが、今ではYouTubeにフィールドを移し活躍されています。

チャンネル登録数はなんと229万人!!すごすぎますね笑

そんなDaiGoさんはなんと1日20冊は読んでいるそうです!

そんな彼の読書術がふんだんに書かれているのが本書になります。

こんな方におすすめ

  • 読むスピードを上げたい人
  • 本から得た知識を定着させたい人
  • 効率的に本を読む方法を知りたい人
  • 読書の質を高めたい人
  • DaiGoさんの読書術を知りたい人
毎日10~20冊の本を読む、著者の読み方を徹底解説!本書のテクニックを学べば、モチベーション、集中力、記憶力、理解力…、いつもの読書の質が上がります!

読書に対する3つの誤解

知識を操る超読書術

3つの誤解

  1. 速読 【たくさんの本を読むためには、速く読む必要がある】
  2. 多読 【色々な本を読むことで興味が広がり、読書習慣が途切れない】
  3. 選書 【世の中にはいい本とダメな本あると思っている】

上記のようなことを思っている方は、この本を読むと価値観が変わります!

ここでは、速読の誤解について詳しくみていきたいと思います。

速読の誤解

巷には速読についての本が溢れています。

1度は手に取ってみたことがあるのではないでしょうか。

でも、冷静に考えてみると速読をして知識を大量に吸収できるのであれば、速読を教える本なんて出さずにビジネスで成功していると思いませんか?

そこで、DaiGoさんは速読よりも大切なスキルとして「スキミング=拾い読み」をあげています。

ただ速く読むのではなく、スキミングをして読む箇所を減らし、結果として本を速く読み上げるといったことです。

スキミングの手順

スキミングをする前に1つ明確にしておく必要があります。それは

「その本を読むことで自分は何を得たいのか」

です。ここが読書をする上でとても大切になってきます。

簡単に一言でいいので考えてみてください。

例えば、私はこの本で得たいこととして「読書で得た知識を定着させる方法が知りたい!」を意識して読んでいました。

得たいことが明確になるとスキミングの効率・質がぐっと上がります!

得たいことが明確になったらさっそく下記のスキミングの手順で読むべき箇所を探していきましょう。

スキミングの手順

  1. 表紙・帯を読む 【タイトルやキャッチコピーには、本の要点が書かれている】
  2. 目次を読む   【「知りたい!」「まだ知らいない!」と思った章や見出しを探す】
  3. 気になる1つの章を読む  【知っている・知らない情報が半々くらいのレベル】

本を買うとどうしても「1冊丸々読まなければいけない」「せっかく買ったのにもったいない」などと思い込み最初から最後まで読もうとしてしまいます。

でも本当は、今の自分にとって必要な部分は本の一部しかないことが多いです。

そこを読む前に見つけることができれば、読書の在り方が変わってくると思います。

理解力と記憶力を高める読書法

理解力と記憶力を高める読書法

本書には「理解力と記憶力を高める読書法」として5つ読書法が記載されています。

読書法

  1. 「予測」読み
  2. 「視覚化」読み
  3. 「つなげ」読み
  4. 「要するに」読み
  5. 「質問」読み

読書をする前 ⇒ 読んでいる途中 ⇒ 読んだ後

それぞれのフェーズで適切な読み方を行えば、今までとは見違えるほどの理解力と記憶力を手に入れることができます。

一つひとつは難しくないので、この読書法を習慣化させて読書ライフを変えていきましょう!

ここでは、「つなげ」読みについて詳しくみていきたいと思います。

「つなげ」読みについて

「つなげ読み」は、読んでいる本を自分の持っている知識や体験などと結び付け、理解度を高める方法です。

結び付ける先は3つあるので、最初は意識してやってみてください。

①Text-to-Text

過去に読んだことのある本や記事の内容と結び付ける

②Text-To-Self

過去に体験と本の内容を結び付ける

③Text-to-World

本の内容と世界に起きている現象を結び付ける

どのページも「つなげ読み」をしていたら負荷がとても大きいので、「ここは覚えておきたい!」「大事なポイントだ」と思うところで使うのがベストです!

脳の特性上、相互に繋がりあった情報は記憶に残りやすいといった研究データもあるようです。

ここぞと思うところは、一旦立ち止まり、今までの記憶と結び付けることができないか考えてみるのが大切です。

「知識を操る超読書術」まとめ

まとめ

  • 本を読む前に「この本で得たいことは何なのか」を明確にする
  • 脳の特性を生かした読書法を行うことで、知識の定着をグッとあげる
  • 読書で得た知識のアウトプットの仕方

この本のおかげで日々の読書習慣を変えることができました!

最初は意識して行うので抵抗はありましたが、習慣化されるとだいぶ楽になります。

そして、知識の定着も見違えるほど変わりました(笑)

ますます読書も楽しくなりますし、知識を得る喜びを再認識できました。

ぜひ、読書法で悩んでいる方は手にとってはいかがでしょうか。

毎日10~20冊の本を読む、著者の読み方を徹底解説!本書のテクニックを学べば、モチベーション、集中力、記憶力、理解力…、いつもの読書の質が上がります!

-書評・要約

© 2021 Yaya Blog Powered by AFFINGER5